nanto-e.com archive

はるちゃんの「ひと・まち・もの」見聞録

「本日も晴天なり」〜出逢いや発見・気づきに感謝!〜 いろいろ「まちづくり」に「ひとづくり」に奔走中。

麦屋取材も徐々に

2011年09月13日
 今日、某TV局(B社)が、街の中を取材に回っておられました。

 木曜と金曜の「夕どきタイム」らしい。
-----------
 日テレ系、朝の「遠くへ行きたい」は、9月18日の放送は城端線です。
 AM7:30〜8:00

麦屋準備 着々

2011年09月13日
別院の舞台づくり。
準備、着々。

湯涌温泉

2011年09月13日
先日、石川県の湯涌温泉観光協会に行ってきました。
むぎや祭のPRしていただいています。


久々更新

2011年09月13日
気が付けば、8月下旬から一度も書いていない。

「Blog」に「Twitter」、「Facebook」・・・。
スマホから簡単に情報UPできる「Twitter」や「Facebook」に情報更新の頻度がシフトしつつある。

時代の流れかな?
生活のサイクルか?

麦屋 生中継

2011年09月14日
恒例の、地域のお祭り TST生放送

9月17日(土) 13:30〜14:00
 ぐるっととなみ野生放送(じょうはな座前より)

9月17日(土) 14:00〜20:30
 むぎや踊り競演会(じょうはな座会場より)
-----------

すべて生中継です!
TSTコミュニティーチャンネル(091ch)にて



-----------
明日と明後日は、BBT「YOUドキッたいむ」

麦屋のPR

2011年09月15日
 今日は「麦屋祭(9/17-18)」の観光PRキャラバン。

 県内テレビ・新聞のマスコミ各社を回りました。
 夕方の地方ニュース、時間があれば見てください。

・NHK。ドーモ君と地デジカとむぎや笠



・BBT。目覚まし君とむぎや笠



・チューリップ。 さいたろう君とむぎや笠

お弁当の日

2011年09月21日
 昨年に引き続き、弁当や食事を通して、子どもの生活と家族をあり方を考える講演会。

 日本中に「お弁当の日」を広めた提唱者、竹下和男先生の講演会です。
 ぜひお越しください。
------------
H23年9月24日(土)

開場 13:00
開演 13:30
終了 15:00(予定)

会場 南砺農業会館3階大ホール(0763-62-2123)

※託児所あります(^^)

アートセッションの慰労会

2011年09月21日
 となみ野の若手芸術家を応援する「NPOアートセッションとなみ野」。

 毎年、10月に砺波市のかいにょ苑でやっていますが、今年は麦屋祭に合わせて城端で。
 震災への義捐も兼ねました。

 昨日、慰労会に行ってきましたが、いろいろ楽しい話を聞けてよかった。

 分野の違う方々の作品お話しや議論を聞いているのは楽しい。
 

麦屋も終わって一息。

2011年09月21日
 今年の麦屋祭。
 初日は雨にたたられたり、二日目は猛暑日など、いろいろありましたが・・・。

 観光のお客様は、見たいものが決まっている方もいるので、天候変化による急なプログラム変更への対応など課題が見えたお祭でした。

 となみ衛星通信テレビの実証実験。デジタルサイネージ。観光案内所においてもらいました。

 昭和20年代や50年代の麦屋の映像やプログラムの紹介。
 各会場で、時間変更の告知や紹介などができればいいなぁ。




 

今日は講演会

2011年09月24日
晴れたっ!

今日は「お弁当」の講演会の日。
実行委員会スタッフで準備。

竹下和男さんの講演会

2011年09月25日
 昨日、「お弁当の日」の提唱者でもある竹下和男先生の講演会を実行委員会を組織して実施した。

 素敵なお話の連続だった。

 「お弁当の日」を通して子どもたちは、色んな発見をし、両親に感謝し、買い物を通して食材にも興味をもちはじめるそうだ。

 先生の実践は、今や45都道府県、約700校での実施となった。
 年間200回を超える講演。10月は30回を数える。
 せっかくの機会、もう少し、若いお母さん・お父さん、保育園児位をお持ちの保護者にたくさん聞いてほしかった。
 残念。

 また、いつか機会が作れないものか・・・・?

 今年、城端小学校では、11月から2月まで4回、子どもたちが自分で作る「お弁当の日」を実施する。




「防災キャンプ」

2011年09月29日
27日付の日本経済新聞に、【学校に泊まり「防災キャンプ」避難生活を体験】とあった。
--------------
防災キャンプは2泊3日程度で、夏休みや冬休み期間中に行う。災害で電気やガスが使えなくなったと想定。体育館や校庭に張ったテントに泊まり、学校に備蓄してある非常用食料を使って野外で調理する。
キャンプで行う防災教育の中身は自治体や学校に任せる。地震や津波、噴火、豪雨被害など地域で予想される災害に合わせた体験型プログラムを作成してもらう。避難ルートを実際に歩いたり、油性ペンをロウソク代わりにして火をともすなど学校にある道具を使った“サバイバル技術”を身に付けてもらったりすることを想定している。

----------------
ここは、地域に根差し、かつ野外活動の集団で、子どもたちに接しやすい、「ボーイスカウトの出番!」と思ってしまった。

どのように予算がつくか注視。

明日の天気?

2011年09月30日
明日は長男(3歳)の保育園運動会。

さらに、長女(中1)は出場しませんが、中学駅伝が富山にて。

晴れるといいがなぁ!?
作者 :  はる

富山県南砺市で呉服屋を営みながら、いろいろ「まちづくり」に「ひとづくり」に奔走中。

2012 年
1
6
7
8
9
10
11
12
2011 年
4
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。