nanto-e.com archive

はるちゃんの「ひと・まち・もの」見聞録

「本日も晴天なり」〜出逢いや発見・気づきに感謝!〜 いろいろ「まちづくり」に「ひとづくり」に奔走中。

城端曳山祭 宵祭

2011年05月04日
 先月来からいろいろお世話になりました。

 4月の中旬から、各種団体の総会続きでした。
 PTA、安全なまちづくり、ボーイスカウトなど、新しい体制で所属団体もスタートしています。

 今日から城端曳山祭です。全国から保存の技術者の方々がお集まりになり、研修会も開かれました。

 明日も、天気が良さそうなので、良い祭礼になりますように・・・。

 






「ガンバロウ」の人文字

2011年05月09日
 昨日は、第54回ボーイスカウト県大会。砺波地区が開催当番で、クロスランドおやべを主会場に開催しました。
 約1800人のイベントです。

 ビーバー、カブ、ボーイ、ベンチャーの各部門に分かれてのプログラム展開で、ボーイスカウトは小矢部市の埴生八幡宮までのハイキングを設定しました。
 テーマは木曽義仲の「火牛の計」です。

 閉会式終了後、東日本大震災の被災地に元気を届けようと、参加者全員で「ガンバロウ」の人文字をつくり、エールを送りました。

 この写真は、特別にクロスランドタワーの屋上からとらせてもらったので、北日本新聞のwebunより拝借です。




ちょっと風邪をひきました

2011年05月09日
 5月5日は城端曳山祭でしたが、とても寒い日でした。夜の提灯山あたりから寒さをより感じちょっと耐えられないほどでした。
 深夜に熱を測ると38度近かったです。翌朝(5/6)は、37.2〜3度まで下がったので、病院行ってから町内の曳山の片づけ。
 慰労会は大事を取って遠慮しました。

 7日は無事熱も下がり、以前から懇意にしている観光系の方々との意見交換で高山市へ。みなさん熱いです。
 毎年城端へお誘いしているのですが、今年は30年に1度のお祭りの年だったらしく、お見えになれませんでした。来年は「是非!」とのこと。

西村幸夫 町並み塾in城端

2011年05月11日
 西村幸夫先生(東京大学副学長)が主宰する「町並み塾」をいよいよ城端で開催。
 今まで北陸3県で数々のゲストをお呼びしてのまちづくりに関するシンポジウムです。

 西村先生は、日本イコモス国内委員会委員長で、世界遺跡記念物会議(ICOMOS)元副会長。
 ICOMOSとは、ユネスコの諮問機関として、世界遺産登録の審査やモニタリングなどの活動をしています。
 今回の奥州平泉の世界遺産登録申請に向けては、このICOMOSの諮問に基づいています。

 そんな西村先生の城端に対するお話、是非聞いてください。人当たりの優しい素敵な方です。

 ゲストは福岡県八女市の北島力氏(NPO法人八女町家再生応援団代表)で、八女福島の町家建築を一つでも多く後世に継承するため空き家の保存再生に尽力している方です。

 開催チラシ(PDF)をダウンロードして申し込んでください。

明日から石巻市へ

2011年05月14日
 明日から災害ボランティアで石巻市へ行ってきます。
 ボーイスカウト日本連盟が窓口になり、石巻に日本連盟が「BS石巻ベース」を設置し、全国から指導者が集まってきています。

 これまで、のべ1000名を超える関係者がガレキ撤去などの奉仕作業をしました。

 合言葉は「ともに進もう」。

 奉仕期間の食糧はすべて持参。生活品やベッド以外の寝具もすべて持参の自己完結の奉仕作業です。

 昨日からばたついて準備ができませんでした。今からパッキング(荷造り)です。

日本連盟災害支援センター ブログ

・日本連盟災害支援センター ツィッター


 

町並み塾in城端

2011年05月14日
 先ほど、町並み塾から帰ってきました。
 北陸3県と岐阜県などから100人近い方にご参加いただきました。

 天気も良く、すごしやすい中での塾でした。
 特に空き家の再生と町並みの保存について、行政マンでかつNPOでがんばる北島力先生の熱弁でした。




-----------
 明日から、宮城県の石巻市へ行ってきます。災害ボラです。懇親会もそこそこにして帰ってきました。
 今からパッキングです。


無事帰還

2011年05月18日
 先ほど、石巻市での災害ボランティアから帰ってきました。
 仙台から実走7時間ほどですが、新潟中央ICの手前で、五人の死傷事故の渋滞に巻き込まれ、3時間ほど余計にかかってしまいました。

 石巻での現地の様子は、後日少しだけ書く予定です。
 詳細にはブログでは正確に伝わりにくいので、お会いした方にお話しますが、なかなか厳しい状況です。

 ちょっと心が折れました・・・。


 

スキークラブの総会

2011年05月20日
 スキー界では、総会を春と秋の2回行います。

 秋は事業計画。春は成績などの確認と決算です。今日は立野ヶ原SCの春の総会。

 今シーズンは、ナショナルデモの技術選12位、バイアスロンでのユニバーシアード出場、学童選手権は、アルペン、クロカンとも男女5〜6年生で1位をゲット!

 皆さん、お疲れ様でした。

石巻での話

2011年05月20日
 石巻市では、災害ボランティアセンターの配下に入り作業をしてきました。

 一口にボランティアといってもたくさん種類があります。
 子供のケア、炊き出し、ガレキ撤去(泥かき)、精神的なケア、・・・。



 私の所属団体は、肉体労働のガレキ撤去。ブログでは詳細は語れませんが、精神的にかなり心に刺さる作業でした。

 支援に入った私たちの生活は自己完結で、市で用意された野球場の一角に大型テントとドームテントを張り、自炊です。

 一部は壊滅的な被害、3〜4km内陸に入ると巨大なスーパーが普通に営業しているギャップに戸惑いを感じながら作業をし、考えさせられるひと時でした。






 5/8の県大会で、クロスランドでタワーから撮影した人文字の写真も石巻まで届いていました。

PRAY FOR JAPAN

2011年05月21日
 石巻へ行っていたとき、ボーイスカウト日本連盟が設置した「BS石巻ベース」と名づけられた大型テントで暮らしていました。

 そこに数冊の本がおいてありました。ボランティアスタッフが自由に読めるようになっています。
 1冊の本が目に留まりました。

 「PRAY FOR JAPAN −3.11世界中が祈りはじめた日−」と題してあります。

 ちょっと手にとって見ますと、「地震の12分後から世界中から届いたツウィッターなどのメッセージを、WEBサイトに集めた20歳の大学生のサイト」が「PRAY FOR JAPAN」です。

 その一部を本にしたものが講談社から先ごろ出版されたとのこと。

 簡単に読めます。数ページ読んですぐに欲しくなりました。
-----
 ちょっとご紹介します。

>>>自衛隊員の夫に送ったメール
ぜんぜん眠っていないであろう旦那に
「大丈夫?無理しないで」とメールしたら、
「自衛隊なめんなよ
今無理しないでいつ無理するんだ?
言葉に気をつけろ」返事が。
彼らはタフだ。
肉体も、精神も。



>>>「大丈夫」
「大丈夫」の漢字には
人が3人集まっているから
安心を感じる言葉なんだって


-------
と、こんな感じの言葉と関連写真の羅列です。
ゆっくり時間をかけて読むと、涙が出てきます。




中学生のマルボロ派遣

2011年05月29日
 21年目の交流に入った城端地域とマルボロの交流。

 今年は、福光・福野・井口からの申し込みもあって、18名の派遣です。

 今日は第1回の説明会。参加生徒の自己紹介と思いを聞かせてもらいました。

 いい思い出にしてほしいものです。


縄ケ池へ行こうとしたが・・・

2011年05月29日
 昨日、間もなく3歳になる長男を連れて、縄ヶ池へ行こうと思いましたが、車に乗せたとたん不調の様子。
 案の上、途中の展望台付近でおう吐しました。

 急きょ帰ってきてからも、おう吐を繰り返し、ノロやらロタのウィルス系でなければいいと思いながら、熱もないし・・・。

 今日は今のところ元気に遊んでいます。

 新しい解説の小屋も見てみたかった・・。残念。

さくらんぼ

2011年05月31日
 我が家の家庭果樹園(?)のお話ですが、昨年、長男の誕生日に「さくらんぼ」の樹を買いました。

 「さくらんぼ」は別の樹の花粉で受粉するらしく、2種類買って、それそれ別の花に花粉をつけてやらないと身がならないらしい。知りませんでした。

 「佐藤錦」と「正光錦(だったかな?)」の2種類です。近くにおいて、綿棒などでお互い受粉作業を続けた結果、間もなく収穫です。

 お隣りのブルーベリーももうすぐシーズン。楽しみ。







作者 :  はる

富山県南砺市で呉服屋を営みながら、いろいろ「まちづくり」に「ひとづくり」に奔走中。

2012 年
1
6
7
8
9
10
11
12
2011 年
4
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。