nanto-e.com archive

はるちゃんの「ひと・まち・もの」見聞録

「本日も晴天なり」〜出逢いや発見・気づきに感謝!〜 いろいろ「まちづくり」に「ひとづくり」に奔走中。

揺れた

2011年03月12日
 昨日の午後3時前後、ちょうどトイレに入っていた。
 「揺れた!」と思って、家族に聞いたが、バタバタ作業をしていたらしく、「?」という。
 すぐにニュースを聞く時間的余裕がなく、そのまま出かけた。

 夕方周りの人に聞いて驚いた。ニュース映像を見て驚愕した。
 つくば市にいる親戚にも連絡がつかなかったが、夜になり無事を確認。

 昔、災害ボランティアに県外へ行った経験があるが、そのときの被害状況と私が行ってきたボランティア作業を経験値で比較すると、今回の規模は想像を絶するものがある。

 被災地の皆様にお見舞い申し上げます。

連日、目を疑いたくなる映像ばかり

2011年03月15日
 東北関東大震災。連日テレビから流れ来る映像は、「これが現実のものか?」と目を疑いたくなる映像ばかり。
 心からお見舞いを申し上げたい。

 福島県の広野町は一昨年、視察でお世話になった。サッカー協会のナショナルトレーニングセンターなどのある風光明媚な太平洋岸の町という印象だった。
 ここが、福島第一原発から30km圏内に入り、室内避難になった。

 今日、茨城にいる妹が子どもを連れて「非難」してきた。電気なし、ガソリンなし、コンビニも1時間待ち、だったそうだ。

 このブログを書いている、今も揺れた!
 早く、落ち着いて欲しい。

 復興へは、出来る事から始めたいと個人的に考えている。

後援会だより

2011年03月20日
 「後援会だより」第1号、第2号をホームページにアップしました。

 3月4日に井波文化センターで開かれた公開講演会の内容を中心に書いてあります。

 

震災義捐金募金

2011年03月28日
 27日にJAなんとの「セフレ」前で、城端のボーイスカウト(ビーバー、カブ、ボーイ、指導者)計15名で、震災に関する義捐金の募金を行った。

 非常に寒い日で、子ども達も辛そうだったので、早目に切り上げたが、過去に経験した募金活動より、住民の方々の意識は高いと感じた。

 「頑張ろう日本」
作者 :  はる

富山県南砺市で呉服屋を営みながら、いろいろ「まちづくり」に「ひとづくり」に奔走中。

2012 年
1
6
7
8
9
10
11
12
2011 年
4
2010 年
2009 年
2008 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。